古文書いろは

ようこそ古文書いろはへ!! このサイトでは古文書解読のやり方を分かりやすくまとめています。 博物館・公文書館でボランティアをしようと思っている方、学芸員を目指している方、 ​古文書解読検定を取得しようとしている方などの役に立てれば幸いです。 ​お気に召しましたら是非お気に入り・ブックマーク登録をよろしくお願い致します。

公文書館に行こう!古文書の扱い方

いつも購読頂きましてありがとうございます。

今回の記事では公文書館で古文書を扱う際の注意点などをまとめて行きたいと思いま

す。大学でしっかりと扱い方を教わった自分でさえはじめに行ったときは敷居が高く感

じましたので一般の方であればなおさらだと思います。

この記事を読んで注意するべき点を押さえれば職員の方からも信頼していただけるので

是非行く前にもう1度この記事を読んでいただければと思います。

必要なもの・あると便利なもの
    • ・鉛筆
    • ・文鎮(写真をとるならガラス文鎮)
    • ・ハンカチ
    • ・マスク(アレルギーがある人)

まず鉛筆ですが古文書を扱う時はシャープペンシルは絶対NGです。

理由は落としてしまった時にシャープペンシルだと先がとがっているため破損のリスク

が高くなってしまうからです。

シャープペンシルの使用はご遠慮ください」と貼り紙がしてある施設が多く、貸し出

し用の鉛筆がある場合がありますが自分で用意したものを使ったほうがなお良いでしょ

う。

次に文鎮ですが状(帳簿ではなく紙1枚のもの)の古文書だと折ってあるものがほとん

どです。ですからその場で翻刻しようとするときに手で押さえながらになってしまいま

す。ずっと触っているとそれだけシミやヨレの原因となる皮脂や汗がついてしまいます

から文鎮を用意しておきましょう。

次にハンカチですが、上記でも述べたように古文書は水分と油分が大敵ですから触る

前はこまめに手を洗いましょう。

最後にマスクですが、古文書は目に見えないカビやホコリがたくさんついています。

それらを吸い込むとアレルギー体質の方はくしゃみや鼻水が出てしまうのでマスクで予

防しましょう。古文書にくしゃみや鼻水をつけても大変です。

古文書を扱う際に気を付けること
    • 現状保存
    • 身につけるもの

古文書は歴史的価値もさることながらその地域に住む人々の共有財産です。

ですから、汚損・破損させないように細心の注意を払いましょう。

また次にその史料を扱う人のためにも状の折り目を変えたりしないようにしましょう。

身につけるものについては、時計やブレスレットなど外すようにしてください。

まとめ

以上公文書館で古文書を扱うときの注意点でした。

分からないことがあれば施設の方に聞きましょう。施設によって厳しいところとそうで

ないところとありますが、どこでも基本的な注意点を押さえておくようにすれば大丈夫

です。

 

1人での学習に限界を感じたら? 古文書解読講座のすすめ

趣味や勉強のために古文書解読・くずし字解読をはじめて見たけど1人でやるのには限

界を感じ始めている。

そういった方には各地の自治体の博物館や公文書館で開催されている古文書講座を受講

してみることをおすすめします。

古文書講座には単発のものから恒常的に開催しているものまであります。

基本的に費用は安いものが多いですし同じ目標を持った人や世代の違う人などとの出会

いもありますので刺激を受けられます。

インターネットで「お住まいの自治体」+「古文書講座」で検索すれば出てくると思い

ます。

都道府県庁所在地にお住まいであれば、市町村ではなく都道府県単位で創設された施設

もあるかとおもいますので合わせて検索してみてください。

 

 

 

博物館で働こう 今求められる人材は古文書が解読できる人!?

学芸員とは?-資格の取得方法-

まず学芸員とはどういったお仕事でしょうか。文部科学省のホームページには、

 学芸員は、博物館資料の収集、保管、展示及び調査研究その他これと関連する事業を行う「博物館法」に定められた、博物館におかれる専門的職員です。学芸員補学芸員の職務を補助する役割を担います。
 学芸員になるための資格は、1.大学・短大で単位を履修することや、2.文部科学省で行う資格認定試験に合格すれば得ることができます。なお、学芸員学芸員補として活躍するには、博物館(登録博物館)で任用される必要があります。

 といった定義で説明されています。

学芸員資格を取得するには、

学芸員資格に関する科目を開講している大学で4年間勉強する。

②筆記試験+1年間の学芸員補経験or書類審査+面接。

の2通りがあります。

なかには、大学院で学芸員資格を取得できるようになっているところもありますが、

大概は学部生の時に取得する人が多いです。

史学科を受験しようとしている方に向けて話をすると、史学科で取得できる資格には学

芸員資格の他に司書資格教員免許があります(すべての大学にある訳ではありませ

ん)。

これらは2つ以上取得しようとすると大変です。また1年生のうちから履修できるこれ

らの資格に関する授業は1年生のうちに受講しておきましょう。学芸員資格の場合、レ

ポートがたくさん課されたりと単位取得が難しいので落単の危険性があります。

2年生以上から履修を始めると4年生から履修できる博物館実習に間に合わなくなって

しまう可能性があるので、

・取得資格は1つ

・博物館概論など1年生の内から履修できるものは受講しておく。

ことをおすすめします。

またこれから受験を検討している大学で学芸員資格を取得できるのか問い合わせをして

おくことを合わせておすすめします。

歴史系博物館が求める人材

これは首都圏に限っての話ですが、現在歴史系の博物館で不足している人材は、

・考古学の知識がある人材

・古文書解読ができる人材

の2つとなっています。

まず考古学の知識がある人材が不足しているのは、ビルの建設現場などで近年歴史的遺

物が多数出土しているからです。

発掘調査を行うために工事を一時ストップさせるので、大人数で素早く作業をする必要

があるのです。

次に古文書解読ができる人材が不足しているのは、そもそも古文書解読を修得しようと

いう若い人がいないということと日本にはたくさんの古文書があるからです。

試しにヤフーオークションで「古文書」というワードで調べてみてください。

思ったよりたくさんヒットすることに驚くと思います。

博物館や公文書館には収集した古文書をはじめ、元庄屋の家やコレクターから寄贈・寄

託された古文書がたくさんあるので整理する人が不足しているのです。

まとめ

近年の博物館は年々国や自治体からの予算を減らされているのが現状です。

そうした影響か非正規の採用が多くなっています。

もちろん学芸員をしながら自分の研究が認められて大学講師・教授への道が開ける場合

もありますが何分非正規採用が多いため生活が安定しません。

そうしたデメリットも考慮しつつ学芸員を進路の1つとして考えてみてください。

教材にお金をかけたくない人向け!インターネット古文書講座

今回の記事では教材にお金をあまりかけたくないけど演習量は確保したい!

という人向けにインターネットで公文書館が公開しているインターネット古文書講座を

まとめました。自分で探すと意外と時間がかかりますので、このページをお気に入り登

録する事をおすすめします。

施設名をクリックするとそれぞれのホームページにジャンプします。

新潟県立文書館

全80回

古文書の種類:村明細帳、年貢皆済目録、手紙文、旅日記など多様

しかし問題がPDFでダウンロードできないという難点があります。解答・解説はもの

すごく丁寧で、手紙文の解説は特にストーリーがおもしろいです。

群馬県立文書館

全60回(2017年2月11日現在は50回まで公開)

古文書の種類: 【領主と村役人】 【土地と年貢】 【村政と戸口】  【関所と温泉】   【人・物の移動】 【災害と社会】【近代行政文書】 の全7テーマ

先に用語・解説で予習をしてから解読演習ができるように工夫がされています。

PDFでダウンロードできますので、印刷が簡単です。

1回分が比較的短いのですきま時間に勉強するのに向いています。

 埼玉県立文書館

 全22回(随時追加中)

古文書の種類:中世~近代の比較的ポピュラーな文書

第1回から第10回までは問題と解答が同じページでしか印刷できませんが、第11回

目からは問題・解答・解説に分かれています。

【古文書解読検定合格体験記②】解答作成

第2回検定3級の解答を作成しました!

答案を見せることはできませんが、前回の合格ラインが20点中6点とのことなので合

格はしたと思います。

ただ、意外と難しかったです。

体感としては15点ほどでしょうか?普段村方文書ばかり読んでいるせいかかな文字が

多い大問は苦戦しました。

所要時間は5時間ほどでした。何度も読んでいる文字でも心配になって辞書を引いてし

まうんですよね(笑)

前回は満点の20点は0人でしたので3級初の満点を狙ってみたのですが、難しそうで

す。

これから受検する人には、

①前回の問題と解答に同じ字がないか見てみる。

②意識的に証文以外の文書を読む。

③かな文字が苦手な人は早めにかな文字専用の教材をこなしておく。

というアドバイスをしたいと思います。

特に①は実際に分からない文字が過去の問題にありましたのでバカにせず実践して1点

でも多く得点してもらいたいと思います。

合格発表は3月中旬から順次とのことなので、結果がでたらまた報告致します。

【古文書解読検定合格体験記①】受検の動機から問題が届くまで

はじめに

今回からシリーズで古文書解読検定の第二回検定を受検した様子を綴っていこうと思い

ます。自分が受検を検討している時に古文書解読検定はまだ新しい検定ですのでネット上で受けた人の感想などがどこにも見当たらなかったのです。

だったら自分で書いてやろうじゃん!!

ということで申し込み方法から受検の様子まで丁寧にまとめていきますので今後受検を

検討される方のお役に立てれば幸いです。

動機について

せっかく古文書が読めるのだから何か自分の実力を証明できる物差しはないだろうか

と、数年前から探しておりました。

しかし古文書解読検定が始まるまではNHK学園の生涯学習インストラクターという資

格しか存在せず、これがなかなか取得が難しい…ということで一旦は諦めておりまし

た。

しかし昨年(2016年)11月になんとなしに「古文書」「検定」というワードで検

索してみたところあるではありませんか!!

ということで受験料がちょっと高いかなぁ…とか、取得したところで役に立つのだろう

かと悩みましたが公式ホームページから資料請求をしました。

数日後振込用紙と案内パンフが届きました。

検定の振り込みは郵便局のみですのでコンビニではできません。

試験問題が到着!

試験問題の発送は1月中旬とホームページに書いてあったので、15日周辺かと思って

いたら1月12日に届いていました。

f:id:komonzyokaidoku:20170210124751j:plain

※こんな封筒で届きます。

締切は2月15日ということでお休みを利用して一気に解答を作成したいと思います。

問題を見て合格のために重要なことに気が付いたのでそれはまた別記事で書きたいと思

います。

 

古文書解読に使う辞書ってどれがいいの?

今回の記事では古文書解読に必要な辞書について、

・どれにすればいいのだろう?

・今使っている辞書に限界を感じているので買い替えを検討している。

という方のために管理人おすすめの辞書をまとめましたので参考にして頂けれ

ばと思います。

また、古文書解読演習に必要な教材はジュンク堂書店三省堂書店といった大きな書店

にしか置いていませんのでAmazonなどネットで購入するのが便利です。

くずし字用例辞典 普及版

f:id:komonzyokaidoku:20170209221931j:plain

レベル★★★★★(上級者)

現在出版されている解読辞典の中で最も掲載文字数が多いのが特徴です。

例文が少なめで中級者~上級者向け。

引き方は部首と読みがあります。机上版というものも出版されていますが、持ち運びで

きないので普及版をおすすめします。

新編 古文書解読辞典

f:id:komonzyokaidoku:20170209221931j:plain

レベル★★★(中級者)

 くずし字用例辞典よりも掲載量は少ないですが、例文が多いため初級者~中級者の方が

様々なくずしに触れながら学習できるのが良い点だと思います。価格もくずし字用例辞

典よりも約3000円安いのでこれから古文書の授業を履修する大学生には特におすす

めです。ただし、講師に指定された辞書があればそちらを使いましょう。理由は授業中

に〇〇ページを開いてなどと指示があるからです。私の師匠は授業でこれを指定してい

ました。またくずしが似た字というのが掲載されているので、例えば誤読をした場合で

も正解に導いてくれることがあります。

基礎 古文書の読み方

f:id:komonzyokaidoku:20170209221931j:plain

レベル★(初級・入門者)

 上記の新編 古文書解読辞典と監修が同じ林英夫先生でどちらも柏書房から出版されて

いるので内容の雰囲気が似ています。

大きく違うのはこちらは非常に入門者向けに作られており、文字が大きく探しやすい構

成になっています。初めはこの辞書でも事足りますが時間が取れて学習ペースが速い場

合はすぐにレベルに合わなくなってきます。大学の時も安いからといってこちらの辞書

を買う人が多かったのですが結局みんな買い直しました。

ですので趣味程度にのんびり学習を進めようとしている方以外にはおすすめしません。