古文書いろは

ようこそ古文書いろはへ!! このサイトでは古文書解読のやり方を分かりやすくまとめています。 博物館・公文書館でボランティアをしようと思っている方、学芸員を目指している方、 ​古文書解読検定を取得しようとしている方などの役に立てれば幸いです。 ​お気に召しましたら是非お気に入り・ブックマーク登録をよろしくお願い致します。

【準2級】古文書解読検定の結果がかえってきました(∩´∀`)∩

準2級検定結果

古文書解読検定の受検結果が郵送されてきました。

結果は20点中15点で合格でしたヘ(゚∀゚*)ノ

比較的簡単だと感じていたので予想通りの点数でした。

問題だらけの検定運営

合格できたのは良かったのですが

今回の試験では3級の合格ラインが20点中2点だったそうです。

実は友人が3級を受検しており、せっかくなので問題をコピーしてもらって

私も解答を作成しておりました。

なんと結果が6点でしたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

協会側も棄権者が続出したことや難易度設定に対して文書で謝罪しております。

私の点数を見て頂いても分かる通り、今回の3級の難易度設定は問題しかありません。

個人的意見ですが以下のようなことが挙げられるかと思います。

①明確な難易度の基準がない。

漢字検定であれば出題される漢字は決まっていますし、英語検定も出題される単語が決まっています。

対して古文書解読検定にはそのような基準はありません。

漢字検定のように出題される漢字を特定するのは難しいとおもいますので、

3級は ・借金証文 ・質地証文 ・検地帳 ・宗門人別帳

の中から出題されるといったように文書の種類で難易度設定をするのが良いのではないでしょうか。

上記に挙げたような古文書であれば人名や数字が多く、ある程度決まった文章ですので

難易度がそこまで極端に変動することは無いと思います。

相対評価である点。

周りの点数に応じて合格ボーダーが変動するのは①の難易度設定を適当にやっても相対評価で調整しようという

意図が見えております。漢字検定は例えば2級なら8割程度という基準があります。

実は漢字検定のボーダーも8割程度の中で155点、160点、165点と変化します。

ですので古文書解読検定も①の基準を明確に提示し、その上で少し相対評価を取り入れた絶対評価にするべきだと思います。

3級の申し込みをした受検者が希望すれば次回無料で再試験を受けられるようにするべき

返金をすることは恐らく難しいと思われますので、

せめて希望者には次回検定を無料で受けられるようにするべきではないでしょうか。

自分が棄権した人だったら「高い検定料を支払ってこの適当な難易度設定はなんだ(; ・`д・´)」

「一番簡単な級でこの難易度…古文書解読は諦めよう」といった思いを抱くと思います。

これでは古文書解読技能の向上と普及という協会の目的とは真逆な結果を導いてしまっています。

今後古文書解読検定を受けるべきか?

現状古文書解読検定は受けるべきではないと考えております。

最初は期待しておりましたが、今の状態では検定として破綻している状況ですので

2級の受検はしばらく見送りたいと思います。

ただ今後種々の改善がなされたら再検討したいと思います。

協会の発表がある度記事は書きますので今後もご覧いただければ幸いです。