古文書いろは

ようこそ古文書いろはへ!! このサイトでは古文書解読のやり方を分かりやすくまとめています。 博物館・公文書館でボランティアをしようと思っている方、学芸員を目指している方、 ​古文書解読検定を取得しようとしている方などの役に立てれば幸いです。 ​お気に召しましたら是非お気に入り・ブックマーク登録をよろしくお願い致します。

【古文書解読検定合格体験記①】受検の動機から問題が届くまで

はじめに

今回からシリーズで古文書解読検定の第二回検定を受検した様子を綴っていこうと思い

ます。自分が受検を検討している時に古文書解読検定はまだ新しい検定ですのでネット上で受けた人の感想などがどこにも見当たらなかったのです。

だったら自分で書いてやろうじゃん!!

ということで申し込み方法から受検の様子まで丁寧にまとめていきますので今後受検を

検討される方のお役に立てれば幸いです。

動機について

せっかく古文書が読めるのだから何か自分の実力を証明できる物差しはないだろうか

と、数年前から探しておりました。

しかし古文書解読検定が始まるまではNHK学園の生涯学習インストラクターという資

格しか存在せず、これがなかなか取得が難しい…ということで一旦は諦めておりまし

た。

しかし昨年(2016年)11月になんとなしに「古文書」「検定」というワードで検

索してみたところあるではありませんか!!

ということで受験料がちょっと高いかなぁ…とか、取得したところで役に立つのだろう

かと悩みましたが公式ホームページから資料請求をしました。

数日後振込用紙と案内パンフが届きました。

検定の振り込みは郵便局のみですのでコンビニではできません。

試験問題が到着!

試験問題の発送は1月中旬とホームページに書いてあったので、15日周辺かと思って

いたら1月12日に届いていました。

f:id:komonzyokaidoku:20170210124751j:plain

※こんな封筒で届きます。

締切は2月15日ということでお休みを利用して一気に解答を作成したいと思います。

問題を見て合格のために重要なことに気が付いたのでそれはまた別記事で書きたいと思

います。