古文書いろは

ようこそ古文書いろはへ!! このサイトでは古文書解読のやり方を分かりやすくまとめています。 博物館・公文書館でボランティアをしようと思っている方、学芸員を目指している方、 ​古文書解読検定を取得しようとしている方などの役に立てれば幸いです。 ​お気に召しましたら是非お気に入り・ブックマーク登録をよろしくお願い致します。

【古文書解読検定合格体験記②】解答作成

第2回検定3級の解答を作成しました!

答案を見せることはできませんが、前回の合格ラインが20点中6点とのことなので合

格はしたと思います。

ただ、意外と難しかったです。

体感としては15点ほどでしょうか?普段村方文書ばかり読んでいるせいかかな文字が

多い大問は苦戦しました。

所要時間は5時間ほどでした。何度も読んでいる文字でも心配になって辞書を引いてし

まうんですよね(笑)

前回は満点の20点は0人でしたので3級初の満点を狙ってみたのですが、難しそうで

す。

これから受検する人には、

①前回の問題と解答に同じ字がないか見てみる。

②意識的に証文以外の文書を読む。

③かな文字が苦手な人は早めにかな文字専用の教材をこなしておく。

というアドバイスをしたいと思います。

特に①は実際に分からない文字が過去の問題にありましたのでバカにせず実践して1点

でも多く得点してもらいたいと思います。

合格発表は3月中旬から順次とのことなので、結果がでたらまた報告致します。