古文書いろは

ようこそ古文書いろはへ!! このサイトでは古文書解読のやり方を分かりやすくまとめています。 博物館・公文書館でボランティアをしようと思っている方、学芸員を目指している方、 ​古文書解読検定を取得しようとしている方などの役に立てれば幸いです。 ​お気に召しましたら是非お気に入り・ブックマーク登録をよろしくお願い致します。

古文書解読検定準2級を受検します!! それと検定の申し込み方法の紹介 ちょっとアドバイスもあるよ

みなさんお久しぶりです。

ちょうど3級を受検してから1年がたちました。2017年7月の試験は忙しくて受検

できませんでしたが、今回はやりますよー!!

まだ申し込みが完了していませんが、案内パンフレットの送付を一昨日お願いしたとこ

ろです。少し公式ホームページで分かりづらい点があるのですが、検定申し込み方法の

ページには振込み方法しか記載されておらず、振込み用紙はどうすれば手に入るんだー

となった方もおられるかもしれません。振込用紙は案内パンフレットを申し込むと封筒

の中に同封されている形式です。案内のチラシと振込み用紙のセットは下記のURLから

送付をお願いすることができます。

http://komonjyo-kaidoku.jp/検定ご案内/案内パンフの申し込み/

 

それとついでに友人にも薦めようと思い、3部送付してもらおうと思ったのですが、部

数の選択がなかったので複数一度に申請できるようにすると学校の先生などの便宜が良

いかとも思います。学割の問題が絡んでいるのは百も承知なのですが…。

手順を確認すると

①案内パンフを送付してもらう。

②振込み用紙を使ってゆうちょ銀行(他行は不可)で検定料を振り込む。

③問題と解答用紙が届く。

④期日までに問題を郵送。

⑤合否結果が届く。

という感じです。

前回の3級試験では自分の解読力を過信して思ったほど点数がとれませんでした。

私は普段村方文書を読んでおりますが平仮名が非常に苦手です。

実際平仮名の多い問題に非常に苦戦しましたので平仮名をしっかり腰を落ち着けて学習

したことのない方は対策本で学習したり、辞書の平仮名のページを熟読したり書き写し

てみたりとしっかり対策する必要があるます。もう1度言います。

平仮名が苦手な方はしっかりと対策をしないと合格できません!!

また進捗があれば記事を書きたいと思います。